赤目四十八滝(三重)2019.7.21

先日の日曜日は、大人の遠足の日でした!

行先は、三重県名張市にある「赤目四十八滝」。

全長4kmもある渓谷で、その途中には、たくさんの迫力ある滝が流れています。


まずは、渓谷の入り口となる「オオサンショウウオセンター」で入山料を払います。


センターの中では、たくさんのオオサンショウウオと出会うことができるんですが、推定65才となると、水槽と同じぐらいの体長になるため、かなり狭く感じるので、ちょっと可哀そうな気もしてしまいます。


センターを抜けると、そこからは綺麗な水が流れる渓流となります。


渓谷沿いには、きちんと整備された遊歩道があり、一本道なので、迷うこともありません。


背もたれ付の丸太の椅子って、はじめて見ました。


途中、ずっと水が流れる音、綺麗な緑、ゴロゴロ転がる大きな岩、もう自然を堪能するには、これ以上のローケーションはない!っといった感じでした。


四十八滝というのは、「沢山ある」という意味で、実際には、名前が付けられた滝は33カ所なんですが、そのどれもが迫力満点で、人の声が聞こえないぐらい、豪快な音を立てて流れていました。
 

ここ数日、雨続きだったこともあり、以前に下見に来たときと比べても、かなりの水量。


あまりの水量に、勢い余って、滝の本流をはみ出して流れる豪快さは、そう滅多に観ることができないのでは!


また、滝のない場所でも、自然が作り上げた景観を楽しむことができます。


「皆さん、ちょっとこの岩、邪魔なので、のけますね!」


「それじゃ、私も、手伝いますわ~~!」


二人のおかげ、道が広くなり、通りやすくなったので、先に進むことにします。


そして、最終地点に到着!

入り口手前のお店で購入した弁当で、お昼ご飯。




今回は、小さな参加者さんが二人。

そこそこ距離があるので、少し心配してましたが、元気いっぱい!


そして、記念写真!

皆さん、お疲れさまでした。


今回、大人の遠足も、いよいよYouTubeデビューしたんですが、初回から大きなミスをしてしまい、全部セピアモードで撮影していました(-_-;)
でも、せっかくなので、編集してみました。




赤目四十八滝へは、大阪から車で1時間半~2時間で行くことができます。
西名阪国道、南阪奈道路、どちらを利用しても、ほとんど同じぐらいに時間で到着します。

入り口手前には数か所の駐車場がありますが、どこも料金は1日800円です。

オオサンショウウオセンター入館及び入山料は、大人500円、小人250円。

コースは、スニーカーでも歩けますが、舗装路ではなく、石畳になっていたり、自然の岩の上を歩いたりと、少々ダートな感じなので、できればトレッキングシューズのほうが良いかと思います。

サンダルやパンプスなど、かなりの軽装で来られてた方がおられましたが、それはさすがに危険です。

弁当持参もいいんですが、現地でも、数件のお店で「滝見弁当」を販売してます。